肉類を食べていると、認知症のリスクが下がる・・・という情報を、インターネットなどで見かけることがあります。ですが、認知症のリスクが下がるよりも、むしろ上がることが多いので注意してください。

また、肉の種類によっては認知症のリスクが下がるというのは本当です。複雑な案内を行ってしまいましたが、安全に肉類を食べるために知っておかないといけない情報なので、このような複雑な案内を行わせていただきました。

まず、海外の研究により赤身の肉を大量に食べていると、認知症、アルツハイマー病にかかるリスクは上がってしまうというデータが存在します。割合的には、あまりこのような肉を食べない人と比較して、2割以上も上がってしまうというデータまで存在するのです。

しかし、あくまでも赤身の肉などが問題視されているだけで、肉全体は認知症、アルツハイマー病の予防につながることもあるのです。例えば、豚のレバー、鶏肉などが今では認知症予防に良いと言われています。

豚のレバーには多くのビタミンが含まれているのですが、細胞そのものを丈夫にしてくれる作用もあるため、ビタミンの効果を得やすいという指摘が多く存在します。ビタミンというと肌細胞の活性化、もしくは肌を紫外線などから守ってくれる作用などで有名なため、内臓にどのような影響を与えるのかは不明とされていました。

しかし、今ではビタミンを多く摂取していると、デトックス効果を得やすくなるというデータも存在するため、意図的に肉類を食べることは、健康上で重要なことと認識されるようになってきたのです。これは鶏肉にも同じことが言えるのですが、鶏肉にも多くのビタミンが含まれています。

しかも、少し加熱するだけで食べられるようになる、もしくは、少し煮込むだけで食べられるようになる・・・という特徴もあるので、食材の細胞組織を破壊してしまうことが少なく、多くの動物性たんぱくを得られることでも注目を集めています。たんぱく質は体の丈夫さを保つ上で重要なのですが、高齢者の場合、肉類を食べるのが嫌だという人もいます。

ですが、このような人ほど認知症に悩んでいるということも多く、且つ、血のめぐりが悪いというケースまで多いのです。すると、栄養の吸収効率が悪化するだけでなく、脳の安全性を保つことも難しくなってしまいます。

後、認知症の予防を少しでも高めたい場合は、肉類(牛、豚、鶏、魚)を適度に食べたほうが良いです。ここまで肉類の安全性だけでなく、具体的な栄養について触れてきましたが、毎日、肉類を食べている人は健康ではないことのほうが多い・・・、というデータも存在します。

肉類ばかり食べていると、胃腸そのものの動きが不安定になることも多く、便秘などに悩まされる人も多いのです。便秘はストレスを生むだけでなく、内臓そのものの丈夫さを悪化させる可能性もあります。

なので、肉類をしっかりと食べて健康になりたいという場合は、食物繊維を意識して、キャベツ、たまねぎも食べたほうが良いでしょう。たまねぎには血栓溶解に良い成分が多く含まれていますし、キャベツには食物繊維だけでなく、ビタミンCも多く含まれているので、美容、健康に良いとされています。