肉と魚の違いは?総合的に判断しても肉のほうが評価が高い?

肉類と魚類の栄養には、明確な違いが存在すると指摘する声が増えています。過去であれば、肉類は体を汚してしまうので食べないほうが良い・・・、という声も存在しました。

というのも、肉類を食べた際に体内に摂り込まれる栄養のほとんどは、体内で上手く吸収できない場合は脂肪に置き換わる、もしくは血管を詰まらせてしまう危険性があると思われていたからです。しかし、今ではこのような評価を目にすることが減っています。

その理由ですが、肉類には以下のような健康に良いパワーがあり、魚類にも、魚類だけの健康に良いパワーがあることで、人気が二分化されている状況にあるからです。まず肉類についてですが、肉類にはたんぱく質が多く含まれており、さらにビタミンも多く含まれています。

最近では、ビタミンB1という疲労回復に良いとされるビタミンが注目されています。ビタミンは血管をしなやかにしてくれる、血管内に溜まっているプラークの問題を解消してくれるとされているため、アンチエイジング効果も期待できるという声が多く存在するのです。

プラークというのは血栓を作り出してしまうものです。しかし、豚肉といった肉類を食べていると、数多くのビタミンを摂取できるだけでなく、消化されやすい脂質を摂取できます。

これらの作用により筋肉、血管が丈夫になることで、人によっては、体内に存在するあらゆる問題を解消しやすくなるのです。しかも、豚レバーのように鉄分を多く含む食材も存在するのです。

鉄分は、現代になってから摂取不足が懸念されている栄養の1種です。しかも、1日に鉄分を正しく摂取しようとすると、いつも似通った食材を食べるようにしないと、鉄分の摂取不足を招いてしまう恐れが出てきます。

しかし、肉類であれば鉄分を摂取しやすくなり、さらに低カロリーであらゆる栄養を摂取できるという利点まで存在します。ここまで肉類について案内してきましたが、魚類にも似通って特徴がありますので、肉類に劣るところが多いというわけではありません。

例えば、青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。これらには、血栓を溶かしてくれる作用があるだけでなく、脳そのものを活性化してくれる作用があるため、今では人気の栄養の1種となりました。

DHA、EPAは不飽和脂肪酸と言われているのですが、病気では、脳梗塞、糖尿病、動脈効果、さらにうつ病の予防だけでなく、治療にも良いと言われているほどの栄養なのです。しかも、魚類には多くのアミノ酸が含まれています。

肉類と同じ特徴を有している・・・と思ってしまいますが、魚類のアミノ酸は肉類より質が高いという指摘も存在するので、アスリートと言われる、体を丈夫にしないといけない人たちから高く評価されています。ただ、このような違いがあっても、一般家庭では肉類の評価のほうが高いです。

その理由ですが、肉類は1g1円前後で販売されており、魚類は1g2円前後で販売されていることが多いからです。今ではアジ、サバなどの人気も高くなってきているため、肉類、魚類の大きな違いをピックアップすると、どうしても、食材にかかる費用で大きな違いがあるという状況になります。

肉類は健康寿命にも良い!そのため高齢者が食べるケースも増えている

近年では、高齢化社会に関するニュースの中にも、健康寿命というキーワードが良く出てくるようになりました。健康寿命とは、年齢を指す寿命のほうではなく、健康的な生活を送れるほうの寿命を表す形で使われています。

例えば、60代男性が不健康な生活をされている場合、70代から健康寿命が悪化しやすいというふうに、病気、怪我などの想定のために用いられることが多いです。そして、そんな健康寿命を後押しする目的で使われているものに、高齢者に最適な肉中心の生活というものが存在します。

高齢者というと、内臓が弱ってきている、その影響で食欲がない状態が長く続く・・・と言われることが多いです。なので、ヘルシーな食事を意識して、肉類から魚類へと、食生活の内容を切り替えてしまう人も多くいます。

ですが、肉類は高齢者に最適な食事でもあり、さらに健康寿命に直結していることでも評価されるようになってきました。その理由ですが、肉は脂質、カロリー量が少ない食べ物だからです。

今までは、肉には多くのコレステロール(脂肪など)が含まれているので、健康を考える場合は食べないほうが良いとか、もしくはガンなどの危険性があるので、魚類などを食べたほうが健康的であると言われてきました。しかし、今ではこのような問題が、肉だけでなく、その他の食生活を通じて引き起こることが知られるようになったのです。

そして、肉類の評価は高齢者の間でも高まり続けている状況となっています。さらに、データ上でも健康寿命と深い関係があることが、今では有名になってきているのです。

というのも、肉類を良く食べている土地の人は、他の土地の人に比べて健康寿命が長いからです。静岡県、山梨県などで調査された情報によると、2013年の調査結果では、静岡県の健康寿命は73.9歳で、山梨県に次ぐ全国2位という記録が存在します。

肉類の健康パワーに付いてですが、近年では認知症といった脳の問題に対しても良いのではないか、という見方が強まっています。というのも、前述の通りで肉類は脂質に対して低カロリーという特徴があるからです。

しかも、鶏の唐揚げのように歯が弱っている人でも食べやすい料理も存在します。肉類は、たんぱく質、そしてアミノ酸を多く摂取できる食べ物でもあるので、これからますます人気が高まっていくでしょう。

ただ、あまり運動をされていない人の場合、肉のパワーを引き出すのは難しくなるそうです。運動に関しても、ランニングであれば20分程度、ウォーキングであれば40分程度で脂肪の燃焼が見られやすく、高齢者であっても肥満のリスクが下がるそうです。

そして、このような疲れを感じながら肉類を食べるようにすると、疲れにくいだけでなく、若い人に近い筋肉の粘りが見られるようになり、これが血管を丈夫にしてくれる力の1つとされています。高齢者は筋肉が弱りやすく、骨も弱りやすくなるとされています。

その原因の1つにはたんぱく質、カルシウムの摂取不足が懸念されているので、手軽に栄養補給できる肉類の評価が高くなるのも頷けます。また、歯がかなり弱っている人が肉料理を楽しむ場合は、ハンバーグなどがオススメとされているので、歯が弱っている人でも肉を食べて丈夫になることは可能です。

肉類は太るわけではない!健康に良い栄養が多く含まれている食材

低カロリーの食事でダイエットというのは、昔から定番とされていました。ですが、今ではこのような食事では体をダメにしてしまう、間食などでリバウンドしてしまうという声が増えています。

その理由ですが、肉ダイエットという新しいダイエット法が人気を集めているからです。肉ダイエットは、以下のように新しい発想でダイエットを行っていくもので、男性、女性でも気軽に楽しむことができることで人気が高まっています。

肉ダイエットの長所その1は、たんぱく質を多く摂取できることです。たんぱく質は脂質と同じで、大量に摂取するほど人体に悪影響を及ぼす・・・、と認識している人が多く存在します。

しかし、年齢とともに筋肉は衰えていき、40代、50代になると若い頃より10%以上も筋肉が衰えることもあるのです。その理由ですが、1つは運動、もう1つはたんぱく質の摂取不足です。

たんぱく質は体内に摂り込まれることで、内臓だけでなく、筋肉、神経、血管を丈夫にする作用があり、しかも消化吸収率が高すぎるわけではありません。つまり、肉ダイエットを行っていると、体を丈夫にしてくれる栄養が長く留まった状態のままとなるのです。

すると、運動により筋肉増強を目指しやすくなり、しかも疲労回復効果を肉から得ることまでできます。筋肉増強、疲労回復が肉ダイエットの要となるのですが、この2つの効果により疲れにくいだけでなく、痩せやすい体質になれるのです。

体内に脂肪が溜まりすぎると不健康、もしくは肥満体と呼ばれる状態になります。ですが、筋肉増強が上手くいくと、それだけで脂肪が燃えやすくなり不健康、肥満体の問題を解消できるようになるのです。

さらに、疲労回復効果の影響で体調を崩す心配が少なくなります。これが元となり精神的にも丈夫になり、ダイエットそのものを嫌がらずに継続することが可能となるのです。

肉ダイエットの長所その2ですが、肉にはチロシンが含まれています。チロシンはアミノ酸の1種なのですが、チロシンを正しく摂取していると、甘いものを食べたくなる欲求が弱まりますので、それにより脂質、糖質の摂取量が下がるとされています。

脂質、糖質を多く摂取してしまうと、内臓脂肪と言われている燃えにくい脂肪が増えてしまいます。さらに、内臓が疲れやすくなったり、なにかしらの不調が確認できることもあるため、今では肉ダイエットとチロシンの評価が高まっているのです。

肉ダイエットの長所その3は、Lカルニチンを多く摂取できることです。Lカルニチンは、脂肪を燃焼させる際に必要と言われているのですが、赤身の肉など、限られた食べ物に多く含まれているという特徴があり、人によっては、あまり摂取していない栄養の1種なのです。

今ではサプリメントを通じて知られるようになりましたが、赤身の肉のほうが歯ごたえ、食事による満腹度を得られるため、肉類からLカルニチンを得る人が増えてきました。また、運動後に肉類を食べたほうが、肉ダイエットの効果が高まりやすいです。

なので、他の食材と同じように食べ方を理解して、食べるように工夫したほうが良いでしょう。そのことを理解しているだけで、肉ダイエットを達成しやすくなります。

女性も良く食べるようになった!肉類の健康パワーにはどんなものが?

肉というと、女性は敬遠することが多いとされていました。そのため、ヘルシーな魚、野菜を中心とした食事が今でも人気・・・、と思っている人が多くいます。

ですが、今では以下のような理由もあり、女性の間で肉ブームが到来するようになったのです。まず、肉といっても脂身ばかりを食べているわけではありません。

今では、アカミニストと言われる女性たちが、女性の間でブームとなっている肉ブームを牽引している状況となっています。アカミニストとは、赤身の肉を食べる人のことなのですが、赤身の肉には疲労回復効果があるだけでなく、筋肉増強、美容の改善に良い効果があることで、今でも新しいアカミニストが増え続けているのです。

また、赤身の肉というと筋張って硬い・・・というイメージがあるため、アゴが丈夫な人でなければ食べづらいと思っている人が多いです。しかし、今では肉そのものを柔らかくする酵素の発見、もしくは、体の丈夫さをより向上させるために、あえて硬さのある赤身の肉を食べる女性が増えているのです。

このような人気は、2016年以降から活発になってきました。しかも、女性の間で肉ブームが到来しているというのは、年齢にして若者だけでなく、高齢者を含む異例のものとなっているのです。

若者が赤身の肉を食べるのはダイエット、美容目的とされています。無駄な脂肪が付いていない赤身の肉は、ダイエットを特集しているテレビ番組で何度も案内されています。

これにより、肉の中でも赤身の肉は別物であることが知られるようになり、さらに、インスタグラムといったSNSを通じて、若い女性が赤身の肉を食べていることが有名になっていきました。赤身の肉はボリューム満点のものが多いだけでなく、健康を考えてマッシュポテトなど、サラダなども付いてくるメニューが存在します。

昔から、肉そのものを腹いっぱい食べたいという女性が多くいましたが、今の時代になって、そのような食生活が可能になり、さらにSNSを通じて「私も試してみたい」という女性も増えてきたのです。高齢者の場合は、肉体を丈夫にしたいという思いで、赤身の肉を食べている人が増えています。

しかも、高齢者なので1人で料理店に入るのは恥ずかしい・・・という人のために、飲食店の多くはカウンター席だけでなく、個室席まで用意しているのです。このように、女性ならではの悩みを解消しているところも、肉ブームが本格化した要因と考えられるでしょう。

他にも、運動後に赤身の肉を食べるアカミニストも増えています。赤身の肉には多くのビタミンが含まれているのですが、ビタミンの多くは肉類を通じて摂取できることが、段々と知られるようになってきたのです。

しかも、脂質が適度に含まれており、糖質がほとんど含まれていないという理想的な栄養バランスとなっています。近年では、お茶会ならぬ肉だけでパーティーを楽しむという女性も増えており、このような女性たちはSNSを通じて、好みのステーキハウスを探すといった、独自の楽しみ方を見出している人も増えています。

さらに、赤身の肉はステーキだけでなく、シチューといった料理にも応用が効きます。そのため、味わいを変えて楽しむということも難しくありません。

1 3 4 5