お通じ改善でも評価されている!肉類は便秘解消に良いって本当?

近年では、1週間に2回以上焼肉を楽しむ人たちが増えています。その中には男性だけでなく、女性が増えているという驚きの事実があるのです。

焼肉というと、ものによっては筋張った肉類を食べることになるので、便秘になってしまうのでは・・・と思ってしまうものです。しかし、今ではそのような心配をされている人が減っている状況となっています。

理由として、便秘になってしまうのは野菜を食べていないからという理由があり、焼肉であっても、野菜に注意するだけでかなり健康的な生活を送れることが、今では良く知られるようになってきました。また、野菜というのは焼肉屋で注文できる、野菜セットで問題ありません。

また、肉に関しても好きなものを選んで問題ないので、ロースやミノ、ハツなどを注文してしまうと、便秘になってしまいやすくなるというものでもないのです。ただ、肉は良く噛んでから飲み込んだほうが良いです。

というのも、肉そのものはかなり歯ごたえのある食べ物なので、近年では、アゴを丈夫にするために、わざわざ焼肉を食べている人がいるほどなのです。それと、水分の摂取は小まめに行ったほうが良いでしょう。

焼肉屋のメニューは脂っこいものが多いので、何度も通っている内に、多くの脂を摂取していることが多くなります。しかし、食事中に小まめに水分補給を行っていると、汗をかく割合が高くなり、これにより肉ダイエットを行えることもあるのです。

他にも、お通じ改善には食物繊維が大事であることを覚えておきましょう。肉には食物繊維が含まれていないので、肉ばかり食べているとお通じ改善が難しくなってしまいます。

なので、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維を理解して、食物繊維を上手に摂取することも大事です。不溶性食物繊維は野菜に多く含まれていますので、焼肉屋で良く見かけるカボチャ、ナス、キャベツなどを食べていると、自然と多くの食物繊維を食べている状況になります。

ただ、不溶性食物繊維は2、水溶性食物繊維は1という比率で食物繊維を摂取したほうが、お通じ改善につながりやすいというデータが存在します。水溶性食物繊維は海藻類に多く含まれているのですが、焼肉屋の場合はもずく(黒酢入り)などから摂取すると良いでしょう。

今では、このようなダイエットも意識したサイドメニューが存在しますし、もずくは酢を多く使って調理されているため、血管のしなやかさだけでなく、体の中に溜まった毒素を減らしてくれる、デトックス効果まであるメニューなのです。他にも、多くのミネラルが含まれているので、たんぱく質が多い肉類との相性も良いです。

先ほどのカボチャ、ナスについても同じことが言えます。どちらにも不溶性食物繊維、そしてビタミン群が多く含まれています。ビタミン群には、健康的な生活で必要となる粘膜の丈夫さをサポートする性質、そして、内臓そのものの健康を改善してくれる力があります。

そのため、焼肉屋を通じてお通じ改善という努力を続けていると、自然と内臓まで丈夫になり、人によっては若返ったような気持ちになる人までいるのです。また、ダイエットにはロースだけでなく、赤身の肉、ヒレも良いと言われています。

これらの肉には多くのたんぱく質が含まれているだけでなく、脂質が少ないというメリットもありますので、良ければこちらも参考にして、焼肉屋を上手に利用してみてください。

肉を食べて集中力アップ!脳にも良いとされる肉だけのパワーはなに?

今では、肉類を食べることで頭が良くなると言われることが多くなりました。その理由ですが、以下のような栄養が脳に良いと言われているため、肉類を食べる人が増えている状況なのです。

まず、たんぱく質は脳に良いと言われています。たんぱく質というと、筋肉を作り出す際に必要と言われているため、脳との関連性を指摘されることも多くありますが、筋肉だけでなく、脳そのものの活性化にも良い栄養のため、今ではたんぱく質を意図的に摂取している人が増えているのです。

逆に、たんぱく質をあまり摂取していない場合、筋肉そのものが衰えてしまい、これにより体調不良、もしくは気分が良くならないという問題を抱えてしまうこともあります。たんぱく質は体の活性化だけでなく、丈夫な体を保ち続けるために必要なエネルギーでもあり、アミノ酸、ミネラルなどに対しても影響を及ぼすことが多くあるのです。

これにより、新陳代謝が向上するだけでなく、筋肉、骨、血管、神経の丈夫さを良好に保つという働きまで存在します。肉体が若い状態であれば、精神も若い状態となりやすいことも今では良く知られています。

そのため、たんぱく質はなるべく多く摂取したほうが良いのです。ただ、このようなたんぱく質の評価とは裏腹に、たんぱく質に関する誤った情報を見かけることもあります。

例えば、たんぱく質にはDHA、EPAに近い働きがあるという考え方です。DHA、EPAは血管にも作用し血のめぐりをキレイにしてくれる作用があります。

しかし、たんぱく質の場合は摂取量が多くなると、上手く消化できないこともありますので、一度の食事で摂取量が多くなりすぎると、上手く作用しない・・・というトラブルが発生しやすくなるのです。それと、脳を活性化させるといっても、DHA、EPAのように神経組織に対して働きかけることが多い・・・、という意味ではありません。

なので、たんぱく質のみ摂取していると賢くなるのではなく、青魚に含まれるDHA、EPAも摂取したほうが、より理想的な脳の活性化を生み出せるのです。後、肉類にはたんぱく質だけでなく、レシチンという栄養も含まれているため、脳に良いと言われることが多いです。

レシチンは、肉類であればレバー、そしてナッツ類に多く含まれているとされている栄養です。また、神経伝達物質と言われていますが、神経伝達を良好に変えるために、レバーなどからレシチンを摂取したほうが良いと理解すると、レシチンの重要性をより良く理解できるかと存じます。

というのも、あまり摂取できない栄養の1種だからです。レバーというのは、スーパーで売られているものでは、1パックで100g以内というケースも多く、他の肉類と比較した場合では、1パックの量が半分以下ということも珍しくありません。

そのため、レバーだけでレシチンを摂取するのではなく、豆類にもレシチンが多く含まれていることを理解し、豆腐などからレシチンを摂取するのも良いでしょう。また、レバーは肉類の中でもかなり臭みがきついです。

なので、どうしてもレバーの臭みが苦手という人は、レバーに牛乳をかけて20分ほど放置すると良いです。このような簡単な方法でも、かなりレバーに蓄積している臭みが、牛乳に含まれる形で出ていくようになります。

美容に良いって本当?どんな肉を食べたほうがより美容に良い?

肉は美容に良いと言われていますが、今では大まかな研究結果が上がっているため、具体的にどのような面で良いのかが明確になっています。以下は、過去の誤った情報と比較して、具体的にどのような評価の変化が、今では見られるようになったのかを明確にしたものです。

まず、肉類を食べていると魚類を食べている時より太りやすいため、美容に悪いという情報はあまりあてにはなりません。というのも、アミノ酸スコアという指標が存在するからです。

肉類は、アミノ酸スコア100という良質なたんぱく質を含有している食材です。アミノ酸スコアが高いほど筋肉が付きやすい、脂肪が付きにくいという評価に値しますが、魚類の場合も100程度のスコアが目立つので、魚類のほうが圧倒的に痩せやすい、健康的な栄養を多く含むというわけではないのです。

それと、肉類を食べるだけでマッチョ(筋肉質)になるというのも、あてにならない情報の1つです。過去では、プロテインというたんぱく質を多く含む飲み物を飲むと、マッチョになれる・・・という思い込みがありました。

しかし、正確にはたんぱく質を多く摂っても運動しない、もしくは病気にかかりやすい不健康な生活を送っていると、痩せやすい体質になるどころか、かえって無駄な栄養を得ているために太ることまであったのです。さらに、肉類だけでなく、野菜類もバランス良く食べたほうが良いと言われています。

その理由は、大豆に多く含まれている大豆イソフラボンのように、血管内をキレイにしてくれる作用のある食べ物を食べないと、高血圧、もしくは動脈硬化といった問題が発生しやすくなるからです。つまり、肉類、もしくはプロテインを摂取する時は、健康的な生活、食事のバランスに注意したほうが賢明なのです。

次に、肉類とニキビの関係についても細かい指摘が多く存在します。肉類は、ニキビのように吹き出物となにかしらの関係がある・・・と言われ続けてきました。

ですが、まったく関係ないことが明らかになっています。そもそも、肉類に多く含まれている栄養はたんぱく質、ビタミン群、ミネラル、コラーゲンなのです。

そのため、肉類はアンチエイジング効果があり、体を傷つけてしまう要素などはほとんど存在しません。しかも、ニキビは体質、もしくは肌の洗い方が悪い際に発生しやすいという特徴があるので、食材ばかりが関係しているという見方は、今ではあまり見られることのないものとなりました。

他にも、肉類を食べていると美容を保つのが難しくなるという情報も存在します。ですが、こちらも今では過去の情報となっていますので、あまり信用しないほうが良いでしょう。

というのも、肉類には多くの鉄分が含まれているからです。特にヘム鉄と言われている、肉類に多く含まれている栄養で、野菜にはあまり含まれていない栄養の評価が大きく変わっています。

その理由ですが、鉄分をしっかりと摂らないと貧血になりやすく、その影響で肌などがピンと張った美しい状態を保てなくなるからです。鉄分はミネラルの一種なのですが、鉄分を多く摂取したい場合は大量の野菜、もしくはサプリメントによる栄養補給が重要とされています。

しかし、肉類は食べるだけで鉄分も、コラーゲンも得られるわけです。なので、肌に悪い栄養を多く含むというのは、今では信用できない情報の1つとなっています。

脂質は体に悪いもの!?なぜ脂質は体に悪いと思われ続けているのか?

肉類の評価は、今と昔でかなり違ってきている状況です。例えば、コレステロールを多く摂取するのは健康に悪い・・・というのは、今では認知されることが少ない事実の1つです。

コレステロールというと、内臓(主に心臓の周り)に溜まってしまうもので、体内に多く存在すると、生命活動にも支障が出ると思われていました。しかし、今では肥満、高脂血症でコレステロールの名を見るケースが減っています。

代わりに、コレステロール降下作用があることで評価されているのです。コレステロール降下作用についてですが、主に肉類ではなく魚類(青魚など)に見られる作用とされていました。

しかし、肉には不飽和脂肪酸(オレイン酸など)が含まれているので、青魚のDHA、EPAのような血栓溶解に近い作用があるという評価が、今では目立つようになってきたのです。ちなみに、オレイン酸にはLDLの低下作用があるという研究データも存在します。

LDLは悪玉コレステロールのことで、HDLというのは善玉コレステロールのことです。体内には悪玉、善玉のコレステロールが存在するのですが、食事の影響で善玉が安定して多い状況になると、胃腸の活動が活発化しやすくなり、その影響で毒素が溜まる、消化不良が起きるという問題を解消できるようになるのです。

最近では、人間ドックなどを通じて精密な血液検査を受ける人が増えてきました。その影響で、肉類を中心とした食生活でも、コレステロールの状況が好ましければ、大きな健康被害が生まれづらいという予測、調査結果が増えてきたのです。

また、オレイン酸は牛肉、豚肉に多く含まれているのですが、調理で使用することになる油にも含まれています。オレイン酸は野菜、もしくはオリーブ油に多く含まれている油でもあり、調理の際は適度に加熱している場合に、体内で上手く吸収されやすくなるとされています。

例えば、10分程度の加熱であれば問題ないのですが、15分以上経つと、オレイン酸などの不飽和脂肪酸の効果は弱まってしまうのです。油の中には、菜種(なたね)油、米油、コーンを使用した油なども存在しますが、油を使った調理では、長く調理しないことが健康を維持する上で重要となります。

また、肉類は魚類に比べて硬いところも良く評価されています。硬いと食べづらいだけでは・・・と思ってしまいますが、近年では、このような考え方もずいぶんと変わってきました。

というのも、柔らかい食べ物を食べている人は歯周病にかかりやすいというデータが存在し、歯周病にかかりやすい人ほど脳の障害を負いやすいというデータが存在するからです。硬い食べ物はアゴを丈夫にしてくれる、そして、良く噛むので唾液が多く出るようになり、口腔内の清潔が図れるようになります。

しかも、食べている間に肉汁などが口の中に広がっていき、鼻腔を良くくすぐることも評価されています。臭いにより食欲が増すと胃液の量が多くなり、これにより食べ物を消化する力が高まるのです。

肉類はコレステロールの作用だけでなく、食事による健康効果が増しやすいところも魅力的なのです。ただし、脂肪、ゼラチン質が多すぎるブロックの肉では、あまり肉類の健康パワーを得られないとされており、赤身の肉、もしくはロース、ヒレ肉などを食べていると健康になりやすいというデータが存在します。

1 2 3 4 5