上手な肉類の調理法は?そのまま焼いてしまっても問題ない?

肉類の調理方法について案内しているのですが、大まかな注意点が存在するので、まずは注意点を良く理解し調理するよう心がけてください。

例えば、長時間の加熱は肉にとって良くありません。豚肉、牛肉などは焦げているほうが美味しいと感じる人もいるた目、焦がしたほうがより美味しく味わえるという、誤った考え方が現在でも存在します。

そもそも、たんぱく質は65度を超えて加熱し続けると、肉汁などが出ていってしまうので注意してください。肉汁には多くの旨味成分だけでなく、体内にとって大事な栄養(脂質など)が含まれています。

また、焦げている部分は切り取ってから食べたほうが良いです。焼肉などを家で行っていると、思いのほかホットプレートの火力が高く、その影響で炭のように真っ黒になるまで肉を焼いてしまうこともあります。

しかし、焦げている部分は発ガン性物質も認められているため、安易に口の中に運んで良いものではない・・・という指摘が多く存在するのです。それと、肉のボリュームも下がってしまうという欠点があります。

肉というのは、焼きすぎる、もしくは煮込みすぎると筋張った状態になり、その影響でかなり硬くなってしまうこともあるのです。こうなってしまうと、口の中で上手に噛みちぎることができなくなり、栄養の吸収効率が下がってしまうのです。

肉汁といった旨味成分、そして風味にも悪影響を与える可能性があるので、あまり、加熱しすぎる調理方法は避けたほうが良いでしょう。逆に、低温調理であれば肉類を美味しくいただけるようになります。

低温調理とは、あまり低い火力でじっくりと炒めるケースなどが該当します。このような対応では、肉類を上手に焼けないのでは・・・と思ってしまう人もいますが、実際は、低温調理のほうが中まできれいに焼けるのです。

低温調理を行うと、肉汁を肉の中に閉じ込めておけるだけでなく、風味についてもより強まるという利点があります。火力についてですが、サッと中火で炒めてから、後は弱火にしてゆっくりと炒めるだけなので、特殊な技術、道具などが必要になることはありません。

また、ハンバーグのようにどうしても肉汁が出てしまう調理の場合、ハンバーグを煮込んだほうが、肉汁を肉の中に閉じ込めておけます。ハンバーグは、どうしても見えない肉と肉のすき間が出てしまいますし、つなぎだけでは肉汁の流出を止められないこともあるのです。

しかし、ハンバーグを中火でサッと炒めた後に、ハンバーグ用のソースが入っている鍋に投入すると、肉汁がソース内に留まるようになり、これにより風味だけでなく、噛んだ瞬間の味わいを高めることも可能となります。しかも、煮込みハンバーグであれば、家族分のハンバーグをまとめて調理することが可能となります。

もし、煮込みハンバーグなど煮込み料理が好きではないという場合は、トンカツとして調理するのも良いです。トンカツとして調理する場合も低温調理が良いと言われています。

トンカツとして調理する場合の低温調理ですが、肉に粉をまぶしてから強火でサッと揚げてから、一度、トンカツを掬い出すようにします。そして、油を落としてから、今度は低温で揚げるようにします。

通常であれば、揚げている時に大きなパチパチという音が出ますが、低温調理の場合は、小さくパチパチと聞こえるだけとなり、しかも、肉全体が柔らかい状態で揚げられるため、子どもから老人まで、美味しくいただけるトンカツになるのが魅力的です。

子どもにも良い健康効果がある!どのような栄養が良い影響を与える?

肉は、子どもとの相性も良い食べ物であることが、テレビなどを通じて良く知られるようになってきました。肉が子どもに対して与える影響の中には、以下のような影響がありますので、これから肉中心の食生活を考えておられる方は、良ければ肉に秘められているパワーを学んでいってください。

まず、肉にはミネラル、たんぱく質、ビタミン群が多く含まれています。また、脂質も含まれていると言われていますが、実をいうとそれほど脂質が多いわけではありません。

というのも、肉類の脂質は体内に溜まりにくいからです。低温でも溶けてしまうほど脂質は甘く、そして熱に弱いという性質がありますので、子どもに食べさせたとしても、大きな問題になってしまうことが少ないのです。

また、豚、鶏などの肉類より、魚肉のほうが子どもに良い栄養が多いというのは、最近ではあまり支持されなくなってきました。というのも、昔に比べて子どもの成長をスポーツ前提で考える人が増えてきからです。

背景には、日本のスポーツ選手の活躍があります。スポーツ選手のような丈夫な体に憧れている人は多く、近年では子どももスポーツに興味を持つことが増えてきたため、食事の重要性を理解されている家庭が増えてきたのです。

さらに、豚、鶏肉には、子どもにとって重要な栄養を多く含んでいるという特徴もあります。例えば、ミネラルが子どもにとって良いと言われているのですが、ミネラルは代謝機能を向上させる働きがあるため、今では注目されている栄養の1つとなっています。

ミネラルというと、ミネラルウォーターなどから摂取できると考えている人も多いです。しかし、子どもは大量のミネラルを上手に消化できるケースが少なく、ミネラルの摂取により便秘、下痢になってしまうこともあります。

しかし、食べ物からミネラルを摂取した場合、大量のミネラルを摂取できることが少ないだけでなく、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛も摂取できるため、内臓の強度が良くなるという評価も存在します。豚肉にはマグネシウム、鉄分が多く含まれ、豚、鶏のレバーにはマグネシウム、亜鉛が多く含まれているのです。

これらの栄養は、サプリメントで摂取することも可能ですが、サプリメントで摂取する場合は、規則正しく決められた量を服用しなければなりません。しかし、食事の場合は鶏の唐揚げなど、子どもが好きなものを食べさせるだけで、より健康的な体を生み出すことが可能となるのです。

しかも豚肉、鶏肉は弾力がありますので、子どもの歯、アゴを丈夫にしてくれる作用まであります。近年では、おせんべいといった歯ごたえのあるものを食べない子どもが増えており、この影響で容姿が幼いままというケースも目立つようになってきました。

そのため、今では弾力のあるハンバーグ、もしくはステーキ肉の需要が高まっている状況でもあるのです。さらに、肉類に多く含まれているたんぱく質は、素早く吸収されてしまうことが少ないです。

ゆっくりと体内で消化、吸収されることが多いため、栄養補給をしっかり行っていると、体内に疲労、傷みが生じてしまった際、これらの問題を修復してくれる作用まであるのです。しかも、今では肉ブームが到来しているため、昔に比べて、肉類が安く売られていることも多く、これらの影響により子どもも良く肉を食べるようになりました。

サプリメントで栄養摂取ではダメ?肉を食べたほうが良い理由は?

肉類に含まれている栄養は、大まかに分類するとミネラル、ビタミン群、脂質、鉄分、亜鉛です。また、今では肉類に多く含まれているヘム鉄が注目されるようになりました。

この影響により、肉類に含まれている栄養を摂取できるサプリメントが通販だけでなく、ドラッグストアでも購入できるようになったのです。しかし、インターネットでサプリメントの情報を集めてみると、あまり効果が出ないのでサプリメントの使用を中断した、という情報を良く見かけます。

サプリメントには、限定的な栄養が含まれているので、本来であれば、このような結果になる可能性は小さいはずです。しかし、以下のような要因が結びつくと、肉類を摂取している時よりも、栄養の吸収効率が下がってしまうこともありますので、安易にサプリメントのみで栄養摂取を行わないほうが良いでしょう。

まず、肉類には前述のとおりでミネラル、ビタミン群、脂質が含まれているのです。ここで重要になるのは脂質です。

脂質というと、内臓脂肪など体にとって悪影響を与えるケースのほうが多い・・・と思われているため、脂肪を多く摂取するのは体に悪いと思われている人が多くいます。しかし、脂質は体の中ですぐに使われるエネルギーの1種なので、糖質と同じように不足してはいけない栄養なのです。

不足してしまうと、精神的に不安定になってしまったり、もしくはお腹が減りやすくなってしまうため、ドカ食いという問題が起こりやすくなってしまいます。ドカ食いとは、食事などに対して制限を設けていると、食事に対してのストレスが溜まっていき、最終的に食事量を減らすのが困難になる状態のことです。

そして、我慢が苦しくなってしまうと、ドカッと大量に食事を取りたい・・・という気持ちが発生するようになり、胃腸にとって良くない食事を続けてしまうことが多くなります。サプリメントの場合、必要最低限のエネルギーを得ているだけなのに、栄養を補給しているという気持ちになってしまいます。

すると、何度もドカ食いを経験することになり、結果的に栄養バランスが崩れた状態で生活を続けることになってしまいます。そのため、サプリメントを用いたダイエットが少なく、且つ、サプリメントの効果を実感する人が少ないのです。

他にも、サプリメントは栄養の相性を学んでいないと意味がない・・・、という一面もあります。というのも、鉄分と亜鉛のような栄養の相性が、サプリメントには多く存在するからです。

また、このような栄養の摂取がどうしていけないのかというと、吸収効率が下がってしまうだけでなく、気分が悪くなってしまうなど、精神に与える影響まで出てくるからです。なので、サプリメントを購入する時は、肉類に近い栄養が含まれているかどうかよりも、むしろ長く摂取し続けることが可能なのか・・・を念頭に置き、無理のない栄養摂取を行うようにしましょう。

肉類の場合、ビタミンを多く得たい場合は豚のばら肉、コラーゲンなどを多く得たい場合は鶏肉というふうに、ちょっとした工夫のみで、体にとって大切な栄養を多く摂取できるようになります。後、サプリメントを使用して栄養を摂取することは大事ですが、金銭的に苦しくない範囲で行うことも大事です。

サプリメントはマルチビタミン、亜鉛などはかなり安い価格で販売されています。なので、サプリメントを良く知らない人は、このような栄養をサプリメントから得るようにすると良いです。

肉とプロテインの違いは?なぜ筋肉をつける時にたんぱく質は必要?

肉類から摂取できる栄養は、プロテインとなにが違うのかという考えが存在します。そのため、良く運動される人はプロテイン、とりあえずたんぱく質を摂取したい人は肉類・・・のような考え方が、今でも存在している状況なのです。

ですが、プロテインは肉類よりも栄養上優れているわけではないので、まずはこのことを良く理解したほうが良いです。肉類にはたんぱく質が含まれていますが、たんぱく質を英語にしたものがプロテインです。

また、プロテイン(たんぱく質)は肉類、もしくはプロテインの粉からしか得られないわけではありません。他にも、魚肉、野菜からも得られるようになっていますし、栄養が少ないというケースも稀なのです。

ここで重要となるのが、バランス良く栄養補給できるのはどちらなのか・・・です。疑問の回答からとなりますが、バランス良く栄養補給できるのは肉類です。

というのも、プロテインはプロアスリートの要望に応えるため、基本的にカロリー量が限界まで絞られています。そのため、肉類と比較して3分の1ほどカロリー量が少なく、しかも栄養の偏りが指摘されることも多くあるのです。

次にプロテインの原料について案内させていただきますが、プロテインは肉などを粉末化したものではなく、牛乳、大豆などを混ぜ合わせて作られているという背景があるのです。

他にも、味わいの変化、着色のために色々な加工が施されているので、肉類を調理した場合の栄養と比較すると、栄養に大きな違いが出るのは明白でしょう。さらに、プロテインにはあまりビタミンが含まれていません。

そのため、肉類のように栄養補給を続けていると、全体的に体の丈夫さが向上するとういわけでもなく、人によっては吐き気といった、気持ち悪さを感じてしまう人もいるでしょう。後、プロテインの粉は飲みにくい、消化吸収率が高いわけではないという特徴もあります。

消化吸収率が高いわけではないというのは、すなわち飲むタイミングを見誤ると効果が出にくいという意味です。プロテインの注意書きを見るとわかるのですが、運動を終えてから30分後には、プロテインを飲んだほうが効果的です・・・という、案内を見かけることが多くあります。

肉類の場合、もともと脂質が少なく、たんぱく質が多いケースが目立ちますし、消化吸収率も悪くありません。なので、健康的な生活を考えている人で、あまり運動をしない人の場合、無理をしてプロテインを飲まないほうが賢明でしょう。

補足となりますが、たんぱく質、アミノ酸は摂取不足になりやすい栄養でもあります。実際に国内の摂取量を調査したデータでは、60%~90%の間で摂取している人が多く、意図的にたんぱく質を摂取しない場合は、ほとんどの人が摂取不足になってしまう・・・という、意外な特徴を有している栄養でもあるのです。

後、肉類とプロテインにはもう1つ大きな違いがあります。肉類は噛みごたえがあるので、アゴが丈夫になり、さらに唾液が多く分泌されるようになります。

近年では、唾液の分泌に関しても研究が進んでおり、その研究を通じて唾液が多く分泌される人ほど、口腔内が清潔であり、雑菌などの増殖を抑えることができるというデータも存在するのです。なので、健康を第一に考えている場合は、なるべく肉類を意図的に食べたほうが良いでしょう。

1 2 3 4 5