肉類と魚類の栄養には、明確な違いが存在すると指摘する声が増えています。過去であれば、肉類は体を汚してしまうので食べないほうが良い・・・、という声も存在しました。

というのも、肉類を食べた際に体内に摂り込まれる栄養のほとんどは、体内で上手く吸収できない場合は脂肪に置き換わる、もしくは血管を詰まらせてしまう危険性があると思われていたからです。しかし、今ではこのような評価を目にすることが減っています。

その理由ですが、肉類には以下のような健康に良いパワーがあり、魚類にも、魚類だけの健康に良いパワーがあることで、人気が二分化されている状況にあるからです。まず肉類についてですが、肉類にはたんぱく質が多く含まれており、さらにビタミンも多く含まれています。

最近では、ビタミンB1という疲労回復に良いとされるビタミンが注目されています。ビタミンは血管をしなやかにしてくれる、血管内に溜まっているプラークの問題を解消してくれるとされているため、アンチエイジング効果も期待できるという声が多く存在するのです。

プラークというのは血栓を作り出してしまうものです。しかし、豚肉といった肉類を食べていると、数多くのビタミンを摂取できるだけでなく、消化されやすい脂質を摂取できます。

これらの作用により筋肉、血管が丈夫になることで、人によっては、体内に存在するあらゆる問題を解消しやすくなるのです。しかも、豚レバーのように鉄分を多く含む食材も存在するのです。

鉄分は、現代になってから摂取不足が懸念されている栄養の1種です。しかも、1日に鉄分を正しく摂取しようとすると、いつも似通った食材を食べるようにしないと、鉄分の摂取不足を招いてしまう恐れが出てきます。

しかし、肉類であれば鉄分を摂取しやすくなり、さらに低カロリーであらゆる栄養を摂取できるという利点まで存在します。ここまで肉類について案内してきましたが、魚類にも似通って特徴がありますので、肉類に劣るところが多いというわけではありません。

例えば、青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。これらには、血栓を溶かしてくれる作用があるだけでなく、脳そのものを活性化してくれる作用があるため、今では人気の栄養の1種となりました。

DHA、EPAは不飽和脂肪酸と言われているのですが、病気では、脳梗塞、糖尿病、動脈効果、さらにうつ病の予防だけでなく、治療にも良いと言われているほどの栄養なのです。しかも、魚類には多くのアミノ酸が含まれています。

肉類と同じ特徴を有している・・・と思ってしまいますが、魚類のアミノ酸は肉類より質が高いという指摘も存在するので、アスリートと言われる、体を丈夫にしないといけない人たちから高く評価されています。ただ、このような違いがあっても、一般家庭では肉類の評価のほうが高いです。

その理由ですが、肉類は1g1円前後で販売されており、魚類は1g2円前後で販売されていることが多いからです。今ではアジ、サバなどの人気も高くなってきているため、肉類、魚類の大きな違いをピックアップすると、どうしても、食材にかかる費用で大きな違いがあるという状況になります。