今では、科学的に肉類、野菜の安全性を証明する試みが、世界中で行われている状況となっています。

その中で注目されているのが、ヘテロサイクリックアミン、アクリルアミドという発ガン性物質との関係性が深い物質です。これらの物質は、ヘテロサイクリックアミンは肉類、アクリルアミドは野菜に含まれているとされているのですが、食べると危険という意味ではありません。

正確には、焦げてしまうほど加熱してしまうと、化学反応の影響もあり、ヘテロサイクリックアミン、アクリルアミドの危険性が高まってしまうだけなのです。もし、食べるだけで危険なのであれば、世界中の人が発ガン性物質を喜んで食べていることになってしまいます。

ちなみに、発ガン性物質というキーワードにも注意が必要です。毎日、少量の発ガン性物質を摂取するのは問題ではなく、発ガン性物質を継続して摂取することに問題があります。

また、肉類の場合は焦げた部分を食べてしまうことが該当し、野菜の場合はフライドポテトなどが該当するとされています。焦げている部分は、調理方法にもよりますが良く発生する問題の1つです。

しかし、焦げている部分が多いのに食べてしまう、焦げが目立つような野菜と一緒に食べているようであれば、発ガン性物質により体調を崩してしまう、もしくな臓器を傷めてしまう可能性が出てきます。なので、食事量だけでなく、食べ合わせにも注意したほうが良いでしょう。

それと、肉類、野菜ともに長時間煮込んだだけでは、中々、発ガン性物質の悪影響を受けることがありません。なので、調理が苦手なため肉類、野菜を上手く食べることができない・・・という場合は、煮込み料理も含めて健康的な料理を楽しまれたほうが良いでしょう。

代表的な煮込み料理では肉じゃがが該当します。肉じゃがにはあらゆる肉類を使用できますし、野菜を使用したほうが味わいが良くなります。

後、焦げている部分が目立つ野菜についてですが、以下のような野菜は、発ガン性物質の問題が懸念されている状況です。なので、健康を改善したい人は、あまり以下のような野菜(料理)を食べないほうが良いでしょう。

有名なものから順に挙げていきますが、フライドポテト、オニオンリング、もやし炒め、野菜炒めには注意が必要です。というのも、これらは中途半端な火力で調理すると、柔らかくなりすぎることが多く、ついつい炒めすぎてしまうことがあるからです。

フライドポテト、オニオンリングの場合、揚げてからすぐに食べることも大事です。というのも、揚げる際に使用した油は、段々と酸化していく性質がありますので、今では、こちらも問題視されることが多くあります。

肉類にも同じことが言えるのですが、油というのは調理時間が10分以上でも酸化しやすく、調理してから20分ほどで酸化がかなり進むとされています。酸化が進んだ油は、胃腸で上手く消化、吸収されないだけでなく、長くこのような食事を続けていると、太りやすい体質になってしまうこともあります。

肉類、野菜を食べる際は発ガン性物質に注意するだけでなく、体内の消化、吸収にも配慮したほうが良いということです。また、油を多く使用することをやめるだけで、1度の食事で摂取してしまうカロリー量が、120kcal以上から70kcal以内になることが多いです。

このようなことにも注意し、肉類、野菜を上手に食べれるよう工夫されたほうが、毎日を健康的なものに変えやすくなります。