今では人気が高くなった肉類!肉類は体に悪い食べ物ではなかった?

今では、ステーキ肉をはじめとして肉類の人気が高くなっています。また、どうして今のような人気を誇るようになったのか・・・というと、それは、肉を食べる老若男女が増えているからです。

肉というと太るイメージがあるので敬遠している人も存在します。しかし、食べ方によってはアルギニンという、ダイエット効果の高い栄養を摂取できるということで、ステーキ肉(アルギニンを多く含んでいる赤身肉など)を食べる人が増えている状況なのです。

他にも、ダイエットだけでなく美容効果があることも知られるようになってきました。過去であれば、食べ過ぎると脂肪が付きすぎる、もしくは、重い病気にかかってしまうという情報が多かったため、どの情報が正しいのか不明・・・という人も、多くおられたものです。

しかし、今では痩せるために肉類を食べている人も増えていますし、肌年齢を改善するために食べている人もいるのです。しかも、今ではステーキハウスを通じて、ステーキ肉が食べやすくなりました。

これにより、今まで敬遠していた人も試しに食べてみようという気持ちになり、SNSなどを通じて、美味しさ、健康効果が知られるようになっていったのです。さらに、肉類は野菜と相性が良いので、子どもに食べさせてあげることも難しくなく、このような面でも人気を得ている状況となっています。

必ずしも太らないわけではない!重要なのはバランスを考えて食べること!

テレビを見ていると、肉類を食べると痩せられるという案内を見かけることがあります。しかし、テレビの中では肉類には食物繊維が少なく、そのため、栄養バランスを意識することが重要であることも説いています。

なので、重要なのは肉だけでなく野菜も食べることです。野菜というのは、肉の倍以上のボリュームを食べることで、ビタミン群を多く摂取できるようになっており、海藻類なども食べるようにすると、ビタミンだけでなく、水溶性食物繊維も摂取できるようになっているのです。

このように、肉中心、野菜中心の食生活というのは、ちょっとした工夫だけでもかなり栄養バランスが変わってきます。また、良く噛んで食べることも大事です。

子どもに対して、親は良く噛んでから飲み込むようにしたほうが良いと、教えることが多いものです。しかし、このような指導は大人に対しても重要となってきます。

特に赤身肉を食べる際には、食べ方だけでなく、上手にいただくための調理法も知っておいたほうが良いでしょう。ものによっては脂っこいケース、もしくは、消化が難しくなってしまうケースもあるので、ただ噛むのではなく、時にサラダなどもいただくようにして味の変化を楽しむようにすると、さらに肉類を美味しくいただけるようになります。

良質なたんぱく質が豊富!豚肉に次いで人気の鳥の胸肉と人気の理由

健康効果を考慮に入れると、どうしても食卓から外せない肉類が存在します。それは、今では良くテレビで特集されることも多くなった鳥の胸肉です。

鳥の胸肉というと、今までは安いので食べている人が多いという状況でした。しかし、今では以下のような健康効果を期待して食べる人が増えており、また、鳥の胸肉は料理レシピも多いので、家族で良く食べるというケースも増えています。

鳥の胸肉の健康効果その1ですが、胸肉にはイミダペプチドが多く含まれています。イミダペプチドとは、抗疲労で期待されているペプチド(アミノ酸)の1種です。

栄養というのは、摂取した後は胃腸から吸収されるもの・・・と思ってしまいますが、吸収された後も、長く内臓などに良い影響を与えるものがあります。それが、イミダペプチドといった、最近になって知られるようになった栄養の正体なのです。

また、どうして鳥の胸肉にはイミダペプチドが多く含まれているのかというと、海を渡ることが多いからという理由が存在します。海を渡る際は、胸肉の部位に多くの栄養を蓄えないといけません。

しかも、鳥は胸が大きいだけでなく、羽ばたく際に多くのエネルギーを効率良く使っている動物でもあります。そのエネルギー効率を生んでいるものこそ、イミダペプチドであり、鳥特有の筋肉の付き方とされています。

本来であれば、筋肉が良く付く動物ほど筋張った筋肉になります。そのため、赤身と言われている部分のほとんどは筋張っているのがわかるほど、筋肉繊維が太かったり、もしくは力強い太さのものが多いのです。

しかし、鳥の場合は長く飛び続けることに特化しているため、硬い筋肉では海を渡ることができなくなってしまいます。そのため、イミダペプチドだけでなく、柔軟性の高い体も必要となり、その影響で、鳥の胸肉は柔らかく調理しやすいという特徴を有しているのです。

しかも、ただ柔らかいだけでなく適度な弾力性があり、且つ無駄な脂肪を蓄えていないという特徴まで有しています。こちらは脂質の低さに表れており、豚肉、牛肉と比較すると、脂質、カロリー量は半分以下というデータが存在し、しかも、以下のような珍しい栄養まで多く含んでいるのです。

鳥の胸肉には、ビタミン、ミネラルだけでなく、ナイアシン、パントテン酸も含まれています。ナイアシンは糖質、脂質をエネルギーに変換してくれる作用があるため、より強度の高い運動を行いたい人に最適な栄養で、今ではナイアシンだけのサプリメントまで存在します。

また、ナイアシンは二日酔いだけでなく、皮膚の異常を緩和してくれる効果まであります。そのため、お酒と一緒に鶏の唐揚げを食べる人も多くいますし、コラーゲンたっぷりの鳥の胸肉を意識的に食べて、若い肌を保ち続ける人も多くいるのです。

パントテン酸は、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあり、胃腸の調子を整える作用があります。しかも、病院などで処方される治療薬とは違い、食材を通じて栄養の摂取を行った場合は、副作用が発生するリスクがほとんどありません。

このように、多くの人が必要としている栄養を含有しているだけでなく、現代社会に見合った健康効果も秘めているため、鶏肉(主に鳥の胸肉)の人気は高まり続けているのです。

経済的にも優しい!豚のばら肉は美容にも良い肉として注目されている

肉類は美容にも良いと言われていますが、今では肉ブームの影響もあり、かなりの人が肉類を通じて、新しい美を獲得するという時代になりました。また、美容を意識して肉類を食べている人は、なにも女性だけではありません。

様々な健康効果を持つ肉類を信じて、美容のために肉類を食べている男性も増加傾向にあるのです。ただ、肉類は脂身を意識して食べたほうが良いです。

脂身とはどのようなものなのかというと、粘り気のある部分が主に該当します。例えば、鶏肉に付いている皮などはすべて脂身と判断し、誤って食べてしまわないようにしましょう。脂身にも脂質、ビタミンといった栄養は含まれています。

ですが、脂質が多すぎるので丁度良い量で食べるのが難しい、そして噛みごたえがあまり良くないので、アゴが丈夫にならないという問題が存在するのです。しかも、カリカリな味わいに変えるためには、高温で調理しないといけないという問題点まで存在します。

すると、皮以外も高温で調理することが多くなり、これにより肉類に秘められているパワーである、たんぱく質が炭化することで減ってしまうことが多くなるのです。それと、肉の中に挟み込まれている脂身は問題ありません。

というのも、脂身の量があまり多くない、もしくは低温でもサラッと溶けてくれるほど、調理しやすい一面があるからです。溶けやすいタイプの脂身なので、胃でも優しく溶けてくれますし、噛みごたえも悪くないのでアゴを丈夫にするために役立ってくれます。

また、どうして豚のばら肉など、部位によっては美容に良いのかというと、それはビタミンの量がまったく違うからです。豚肉はヒレ、ロースに多くのたんぱく質が含まれていて、ばら肉の部分はビタミン、コレステロール、コラーゲンが多く含まれています。

コレステロールというと、体に悪いイメージもありますが、今では適度なコレステロールを摂取していると、細胞の活性化につながることが知られてきているので、コレステロールの摂取量を気にしてもあまり意味がありません。コレステロールは、LDL、HDLのように体内のバランスを保つための善玉、悪玉があるのです。

善玉、悪玉のバランスが悪いと血のめぐりが悪化しやすくなる、不調を訴えるケースが多くなり、美容の面ではくすみ、小じわなどが目立つようになると言われています。後、豚肉、鶏肉だけでなくラム肉も美容に良いと言われています。

ラム肉には豊富なビタミンB群が含まれており、こちらは肌を活き活きとした状態で保つ健康効果があります。ただ、肉類をただ食べているだけでは、健康、美容を成立させるのが難しくなってしまいます。

というのも、ミネラル、ビタミンが極めて多いというわけではないからです。なので、豚肉などを食べる際はサラダも用意したほうが良いでしょう。

また、キャベツの千切りのように野菜を切り分けて食べる際は、野菜の上に肉類を置くと良いです。というのも、肉類を調理した際に出る肉汁の中には、多くのビタミンが含まれているからです。

肉汁には甘みも含まれますが、脂質も多く含まれていることが多いので、脂っこさを中和するために、野菜の上に肉類を置いたほうが良いでしょう。後、バジルなどで肉の臭みを消すのも効果的なので、調味料にこだわって食べられたほうが、健康、美容に良い食事となりやすいです。

ダイエットにも効果的!糖質制限ダイエットでも肉類は評価されている

ダイエットのために、糖質制限ダイエットを行う人が増えてきました。また、糖質制限ダイエットのように、なにかしらの制限を設けるダイエットは、長続きしないのではという悩みも多く存在します。

ですが、今では肉類の健康効果が知られるようになってきたため、意欲的に糖質制限ダイエットを行う人が増えているのです。そもそも、糖質制限ダイエットとは糖質を制限するだけのダイエットです。

なぜ、糖質を制限するとダイエット効果を得られるのかというと、それは、糖質が多く含まれている体では、あらゆる病気、不調を抱え込んでしまうからです。過去では、インスリンに気を配って、あらゆる炭水化物(糖質が多いもの)を制限するダイエットまで存在しました。

その影響で野菜中心の食生活は健康に良いとか、肉類は体に悪い・・・という情報が溢(あふ)れかえっている時期も存在したのです。ですが、今ではインスリンばかりを意識するのではなく、むしろ、食べたいものを食べることも大事であることを説くような、柔軟な発想に支えられているダイエットも増えてきました。

その最たる例こそ糖質制限ダイエットなのです。糖質を制限すると、インスリンの働きが安定するようになります。

安定しない場合、とりあえず糖質をインスリンが確保してしまうようになり、その影響で使われないまま残ってしまう糖質が増えていきます。すると、使われないまま残った糖質が脂肪に置き換わり、長期保存可能なエネルギーとして、内臓の周りに溜まっていくという悪循環が発生するのです。

中高年の方は、メタボリックシンドロームというものに悩まされることが多いのですが、メタボリックシンドロームは、なにもダイエットをしていないために起きてしまう問題ではありません。というのも、無理な制限を設けてダイエットを行っていると、ストレスの影響で内臓の動きが悪化してしまうこともあるからです。

メタボリックシンドロームは、中年太りと言われている、脂肪が特定の部位に集まってしまう症状のことで、ただ運動をされているだけでは、若い頃のように痩せられないという問題も発生します。そのため、今では燃やしにくい脂肪を燃やすために、糖質制限ダイエットを行っている中高年の方が増えてきたのです。

後、糖質制限ダイエットで食べて良いものは肉類だけではありません。他にも、海藻類(わかめ、もずく、ところてん、寒天)を食べても問題ないのです。

というのも、海藻類はひじきに多く糖質が含まれているだけなので、それほど糖質を気にせずに食べられるからです。さらに、海藻類にはビタミン、ミネラル、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ヨウ素などが含まれています。

他にも、アボガドも糖質制限ダイエットに良いとされていて、近年では、肉類を炒めたものに対して、アボガドソースをかけるケースが増えてきました。アボガドには多くのミネラルが含まれているだけでなく、ビタミンE、食物繊維も多く含まれているという特徴があります。

先ほどの海藻類に対しても、細かく刻んだアボガドをふりかけることが可能ですし、アボガドは味わいがマイルドなので、基本的に野菜、海藻類との相性は抜群です。このように、糖質制限ダイエットは肉類、肉類以外の食材との組み合わせで、ストレスを増やさないように続けることも可能になっています。

食べ過ぎると体に悪い!どのように食べると肉を上手に食べられる?

健康を考慮して肉類を食べる人が増えている現代ですが、食べ過ぎるとかえって体調を悪化させることもあるので注意してください。なので、以下の注意点を理解して、肉類を食べたほうが良いかと存じます。

まず、肉類は大量に食べたからといって効果が高まるわけではありません。糖質と同じで、無駄に摂取してしまった分は使われずに残ってしまう・・・、という問題点が発生します。

なので、ボリュームを意識して肉類を食べ過ぎないよう注意したほうが良いのです。もし、少食が長く続いたので、肉類そのものを多く食べられない・・・という場合は、クエン酸が多く含まれているドリンク、もしくはドレッシングをサラダにかけて食べると良いです。

肉類、クエン酸には疲労回復効果があり相乗効果を期待できるようになります。しかも、クエン酸は適度な刺激のある成分でもあるので、食欲増進の効果を期待できるのです。

また、クエン酸そのものが苦手という場合は、肉料理、酢の物のコンビを召し上がると良いです。というのも、酢の物を良く摂取していると血のめぐりが改善されるだけでなく、それにより胃腸の動きが活発になるからです。

今まで、中々少食の状態から改善できなかったという人ほど、食事が偏っているか、もしくは、胃腸そのものの健康改善を行っていないことが多かったりします。なので、このような配慮も大事にして体をいたわることも大事です。

次に、肉類を食べて健康になりたい人は、なるべくビタミンB1を意識して摂取したほうが良いです。良く豚肉などは、他の肉類に比較して疲労回復効果が高いと言われていますが、その正体はビタミンB1にあるのです。

ビタミンB1は大量に摂取するのが難しく、調理してから時間が経ちすぎると、上手く消化できない栄養の1つなのです。なので、豚肉を調理する際は焼きすぎない、そして、調理をし終えてからすぐに食べることを念頭に置き、上手に食べるようにしたほうが良いでしょう。

ちなみに、豚肉にはビタミンB1が多く含まれているという話は本当のことです。今では、牛肉の10倍以上のビタミンB1が含まれていることで有名になっており、ビタミンB1は、米、パンなどに含まれている炭水化物を、エネルギーとして使用する際に必要な栄養でもあるので、摂取不足に陥っているとダイエットなどの成功が難しくなります。

後、豚肉を食べる際はヒレ、もも、ロース、レバーを食べると良いです。この部位に多くのビタミンB1が含まれているのですが、豚肉以外ではたらこ、うなぎの蒲焼き、いくら、大豆、海苔(のり)、こんぶ・・・というふうに、限られた食材、もしくは部位にしか含まれていない栄養とされています。

クエン酸に関しても同じで、クエン酸を多く含んでいるのはオレンジ、レモン、グレープフルーツ、ミカンとされています。また、梅、キウイ、パイナップル、トマト、お酢にもクエン酸が含まれているので、ドレッシングからクエン酸を得るのは、それほど難しいことではなかったりします。

なので、もし豚肉のボリュームが多いと感じる際は、レモンの汁をかけて味わいを変える、そしてレモンの酸っぱさで唾液を増やし、口腔内の清潔を保つというのも良いでしょう。このように、ちょっとした工夫だけでも、肉類を上手にいただけるようになります。

1 2 3 5